4/26発売 WiMAX+au新型ハイブリットルーターHWD13の発表 DATA08wと比較など



http://www.uqwimax.jp/lp/hybrid/



昨日プレスリリースのありましたDATA08の後継機、HDW13についてのレビューです。
発売前日くらいには実機に触れる予定なので使用感などはまた来週アップします。


いままでのDATA08wとの比較です。

   新端末■HWD13  旧端末■DATA08
外観
サイズ  約106(W)×66(H)×15.9(D)mm  約109(W)×60(H)×17.7(D)mm
重さ  150g  125g
通信
方式
 WiMAX / CDMA  WiMAX / CDMA
接続数  5台  5台
連続通信  6.5時間  4.5時間
契約期間  2年単位の自動更新  2年単位の自動更新
通信費  3880円+525円(プロバイダ料金)  3880円+525円(プロバイダ料金)

 要するに”少し重たくなったけどバッテリーがちょっとだけ伸びました”ということですね。

 前回のDATA08wの反省点を踏まえたうえで、注意事項を何点か挙げています。
 
@auエリアは特にLTE対応ではなく、通常のCDMA回線(3G)
せっかくの新端末発売だったので残念ですが、特にLTEに対応しているわけではありません。
ちなみにauエリアは下り最大3.1Mbpsになります。

Aau回線は月5GB以上の利用で制限がかかる
WiMAX回線は特に影響ありませんが、毎日使うとなると微妙な量です。

BWiMAXの速度がでるかどうか。
端末が新しくなるので、内臓モジュール(電波をキャッチする部品です)も新しくなるとは思いますが、DATA08wは他のAtermシリーズなどと比べてもWiMAX自体の速度が出づらいものでした。

C月額が安い(3880円)jなのは2年間だけなので注意。
月額は本来5460円です。2年間使用を前提に毎月1580円引きになります。
2年間が過ぎると、自動的に更新されてしまいますが、値引きされるのは最初の2年間だけです。 
つまり2年経つと値段が跳ね上がります。ちなみに更新月以外の解約は9975円かかります。

D機器追加オプション/ファミ得パックは使えない
UQ直契約および量販店系のMVNOで実施している機器追加関連のオプションですが、au回線も使えるハイブリットタイプでは利用できません。

Eバッテリー駆動時間/端末のサイズ
今回、4.5時間から6.5時間にバッテリー駆動が伸びましたが、連続使用だとすると実質3〜4時間程度だと思われます。auエリアが必要なければ実働10時間程度の端末も多く出てます一方、バッテリーがどうしても短めになるので予備バッテリーやモバイルブースター等が必要になるかもしれません。

E店員の謳い文句に注意。
おそらく契約できるのは前回と一緒であればヤマダやヨドバシのような量販店、UQオンラインショップくらいだと思います。量販店店頭では拡販指示(優先販売)が入るものと思われます。本当に必要であれば問題ないと思いますが、言いくるめられて契約しちゃう方も多いので気をつけましょう。


<<Wi−Fiルーター比較ホームへもどる