WiMAX新型ルーター AtermWM3800R徹底解説!


本日1/30、プレスリリースがあったAterm WM3800R の徹底解説です。

現行機種Aterm3600との比較を踏まえて解説していきます。

Aterm3600が2012年の2月に発売されました。それから約1年の時を経て、3800となり進化しました。知り合いの販売スタッフにデモ機を触らせてもらいましたので、実際に触った感想を。

*写真撮影はNGだったので画像は拾ってきたもので( ・ω・)



現行機種のAtermWM3600Rと比較するとかなりの小ささ。

第一印象は・・・小さっΣ でした笑 おそらく他キャリア含めて一番小さいんじゃないでしょうか。

好感が持てたのがこの液晶ディスプレイ。WiMAXの端末で液晶ついてるのって実はURoad-9000くらいなもので、他はLEDのランプっていうのが主流でした。バッテリー残量が明確に分かるのは◎です。

■主な変更点■

・連続通信時間が10時間→8時間に減った
・その代わりにスリープ時間(待機時間が延びた)
・サイズが約70%に。
・モバイルバッテリーとしてスマホを充電可能
・スマホからリモート操作が可能に

3600からすると順当な進化といった印象です。連続通信時間が減っていますが、通信行ってないと勝手に待ち受けに移行するので特に支障はないかと。

価格.comのレビューから。

 

■発売予定日■

2013年2月

■注意事項■

量販店店頭では2/7より発売のようです。しかしながらキャンペーンがなんら行われない模様。
ヨドバシとヤマダで確認しました。旧機種ではPC等の同時購入で10000円引きとかありますが・・・



個人的には買いです。まだ契約が2ヶ月残ってるので4月に機種変更しようかと思います。