モバイルルーター完全比較イーモバルの評判

イーモバイル(EMOBILE)を契約してはいけない 騙されて被害者にならないために


はじめに、この記事はイーモバイルの製品を不当に陥れたり、営業を妨害するためのものではなく、現在、販売の現場で起きている事実をありのまま解説することで、消費者の利益を保護、しいてはWi-Fiルーター選びの参考にしていただくためのものです。

契約内容やプランをしっかりした上で契約するのであれば問題はありませんが、不十分な説明で契約をさせられたり、強引な販売手法(一見詐欺まがい?)もいまだに見受けられます。

こちらの記事はワイモバイルに移行する前の、イーモバイルの頃にまとめたものですが、現在での一定のアクセスがあるようなので、このままにしておきます。

-広告-

ネット上の評判やレビュー

ではまずネットの評判から見てみましょう。以下はイーモバイルの公式サイトで現行端末であるGL09Pという端末に寄せられた口コミの一部です。詳細は以下のURLから見れます。 


同様に、こちらは価格,comで以前発売されていたGL10Pのレビューです。
http://review.kakaku.com/review/K0000581255/#tab
一部を抜粋します。

むしろ気になるのはEモバが容量制限があるのを口頭で伝えないとか、数字をごまかして伝えるなど、正しく理解してないのに契約させているんじゃないかってこと。でないとこんなにひどい悪評にならないはず。。。

ヨドバシカメラなどの大型店ではタブレット売場などにイー・モバイルのスタッフがいて、タブレット端末価格を下げることをニンジンにして、私たち善良な馬を巧みに契約に導きます。

当方タブレットのお供にスタッフに勧められて購入しました。主に外用です。
一週間ほど使ってみての感想ですが、やっぱり制限がきついですね。
せっかく早くても制限があっては速度を活かせるサイトが見れません。


3日で1Gや月に7Gの使用制限はタブレットでyoutubeなど動画を見ようとするとあっという間の上限です。購入時のEMスタッフの説明では「普通の使い方ならまず大丈夫です」との話であったが、騙された思いです

と、まあこのような感じで散々なレビューが見受けられます。
原因は完全に説明不足、もしくは誤解を与えるような説明を現場の販売員がしている点にあります。少なくとも、販売方法に問題がなければこのようなレビューが多数出てくるようなことはありません。

現在、イーモバイルの端末は通信制限が設けられています。これはWiMAX以外、どこの会社も設定されています。イーモバイルも以前から設定されていましたが、ここ最近になってその制限がさらに厳しくなりました。


イーモバイルの制限について

端末や契約プランによって多少異なりますが、一番新しい現行端末に関しては以下のような制限があります。

・直近3日間の通信量が1GBを超えた場合、24時間の通信制限
・月7GB以上を利用した場合、月末まで速度が制限
・1日366MB以上利用した場合、当日21時~翌2時まで制限

1GBというとピンとこないかもしれませんが、動画を見てたり、スマホなどのアプリなどをダウンロードしたりしてしまうと容易に越えてしまう量です。7GB/月というのもPCなどで使うと容量的にはかなり少ないです。一般的にスマホの制限が7GB/月なので、月末に急にスマホの速度が遅くなった経験がある方でしたらなんとなく目安が分かるかと思います。


ではなぜ契約後にこうした問題点が浮き彫りになるのか?

制限に関しては、申込み時の確認事項の用紙にハッキリ書いてあります。
しかしながらこういった悪評が出てくるのは、契約時や商品案内時に適当な説明を受けてしまうことに有ります。

イーモバイルのサービス開始時からの体質ですが、やはり契約に不利になる事項に関しては細かく説明しない、もしくは曖昧な説明でごまかす傾向があります。

▼販売現場でよく見受けられる販売員の会話の一例です。
「普通の使い方してれば7GBとか特に問題ありませんよ」
「私も自宅の固定回線とスマホで使っていますが、今のところ大丈夫ですね」
「Youtubeとかは制限の対象にならないので大丈夫ですよ」
「速度も速くなるので機種変更したほうが絶対いいですよ」


まあ販売員も販売目標があるので売るのには必死です。仕方ありません。
しかしこれらの言い回しは誤解を与えかねないので非常に問題です。上に書いたとおり、制限はかなり厳しくなっているため、こういった言い方をされて信じて購入した後、家に帰って使ってみるとすぐに制限が掛かって・・・とまあそういうことです。


自分の使用量をしっかり把握した上で、契約すれば問題ありませんが、1GBや7GBという量がどの程度なのか、ある程度詳しい人でなければさっぱり分からないでしょう。

どういったものであれ、販売員の言葉だけを鵜呑みにするのではなく、自分で調べることが重要です。

-広告-


一部で問題になっている販売方法 -抽選会詐欺?

ここでは注意喚起の意味で、よくある販売方法を紹介しています。

①抽選会の体裁を取った販売手法
大型店や路面店などで抽選会と称した販売方法が取られることがあります。抽選箱の中には1等iPad、2等モバイルPC、3等iPod touchのような形で当たりが入っており、抽選券を引かせて、当たりが出た場合、「今イーモバイルを契約するとiPadがプレゼントになります」というような手法で客寄せをしています。

イーモバイルの場合、通常の3880円というプランのほかに、アシストというプランがあります。これは契約と同時に購入するiPadやPCなどを値引きする代わりに、月額料金に上乗せして販売するという手法です。

この抽選会で問題なのは、抽選で当たりが出たところで、契約するのはこのアシストがついたプランであるという点です。
いたずらに射幸心を煽り、抽選会の体を取った詐欺にも近い手法です。なお、プランによっては値引きをすると逆に損をする場合がありますので注意が必要です。

②100円PCやiPadが0円といったお得感を打ち出した販売手法
これも上記と同様に、月額料金にPCの値段が上乗せされています。イーモバイルがサービス開始当初一気に契約者数を伸ばした一因です。現在もiPadやタブレットなどで同じようなキャンペーンを行なっています。

他社も量販店などでこういったキャンペーンを行なっています。契約自体は特に問題があるものではありませんが、月額の料金に上乗せされていること、結局のところ通信量は掛かってしまうため、トータルでの支払い金額が大きくなることを十分に説明しない、もしくはお客が理解できないまま契約してしまうことが多々あります。

初期費用が抑えられるというメリットはありますが、注意が必要です。


もし契約後に騙されたと思ったら

不当な説明を受けて契約をした場合は販売店へ行きましょう。
いろんなメーカーのカスタマーと比較しても、イーモバイルのカスタマーの融通の利かなさは有名です。カスタマーに電話をしてもたらい回しにあって終わりです(結局下請けの派遣会社が担当しているためです)



制限なくWiFiを使いたい人は

現状制限がないのはWiMAXのみです。適当な案内を受けて、「WiMAXも制限がある」というような話をされることもあるみたいですが、正確には違います。

現行のプランであるWiMAX2+は2年契約で最初の2年間は制限がありません。そのため2年ごとに契約を更新さえすればとくに問題なく利用が可能です。既存のWiMAX回線に関しても特に制限はありません。(au回線が使える端末はau回線のみ7GB/月、WiMAXは制限無し)

よろしければこちらも併せてご覧下さい。

WiMAXのキャンペーン一覧





© http://casino-style.com All Rights Reserved.