[Y!mobile 評判]ワイモバイルを契約してはいけない!?303HW  口コミやレビューまとめ。

 
8月18日追記:ワイモバイルスタート約3週間での口コミまとめ (ページ下部)

2014年の8月より、イーモバイルとウィルコムが合併し、ワイモバイルとしてスタートします。
ここではワイモバイル製のWiFi端末である303HWを紹介しつつ、ワイモバイルの契約上の注意点やトラブル、口コミやレビューについてまとめていきます。

結論から書くと、契約をすることはあまりお勧めできません。理由は後述しますが、あくまで客観的情報を基に述べているだけであり、ワイモバイルの製品を不当に陥れたり、営業を妨害するためのものではなく、現在、販売の現場で起きている事実をありのまま解説することで、消費者の利益を保護、しいてはWi-Fiルーター選びの参考にしていただくためのものです。

以前、イーモバイルの評判についての現状をまとめましたが、販売の現場では現在も同様に、不十分な説明で契約をさせられたり、強引な手法での販売方法もいまだに見受けられます。
参考:http://mobile-wi-fi.info/emobile-higai.html

当然ながら、内容をしっかり理解した上で契約することは問題ありません。これからWiFiルーターを契約する参考にしていただければ幸いです。



-広告- -広告-




303HWのスペック

▼303HW
発売日
2014/08/01
通信時間
9時間
メーカー
ファーウェイ
通信速度
下り最大110Mbps
通信規格
AXGP/LTE/3G
同時接続数
10台
サイズ
約101x59.5x15.9 mm
重量
130g

公称スペックは上記の通りとなりますが、各項目について細かく解説していきます。


サイズについて ★☆☆☆☆
現在、薄型のWiFiルーターが各社から発売されている中、この大きさはいただけません。例として、iPhone5Sと比較すると、iPhone5Sは約123×58.6×7.6mmです。つまりiPhoneとほぼ同じ大きさで、厚みが2倍です。
また、iPhone5Sの重さが110gに対してこちらは130g。非常に重いです。仮に持ち運ぶとしたら、もう1台のスマホを一緒に持ち運ぶようなもので、携帯性は最悪と言っていいでしょう。

先日WiMAX2+対応のNECルーターが発売されましたが、名刺サイズで厚みも8.2mm、81gしかありません。バッテリー時間はほぼ同じですが、どうにもファーウェイは以前から端末を小型化することが苦手なようです。

 参考画像:WiMAX2+対応 NEC NAD11

通信時間について ★★★☆☆
通信時間に関しては及第点でしょう。端末のサイズが大きいので、この倍くらいは実際にあるといいですが、現状どのメーカーの端末も9時間前後が主流ですので、これに関しては特に問題はありません。
とはいえ、朝電源を入れて、夜までは持ちません。つけっぱなしで使うのであれば、モバイルバッテリーや、途中で充電が必要になることは考慮しなくてはいけません。


速度について ★★☆☆☆
後述しますが、最大110Mbpsであっても実際に出る速度は都内で平均5Mbps程度です。ネットの閲覧や動画の視聴なども問題ない速度ですが、通信制限がかかると128Kbpsまで低下してしまいます。
とても快適に使える速度ではありませんので、メイン回線として使う方だけでなく、1日数時間以上使う方には注意が必要となります。詳細は後述する「おすすめできない理由:通信制限」を参照してください。


その他の機能 ★★★☆☆
303HWの機能といえば、テレビチューナーです。家電量販店にワイモバイルのルーターを見に行くと必ずセールスポイントに挙げてくることでしょう。専用のアプリをiPhoneやAndroidスマホに入れることで、ルーターを経由してテレビが見れる…というものですが、正直なところ無用の長物です。そうでなくてもバッテリーを消費するのがルーターです。なぜにルーターにチューナーをつけたのかが理解に苦しむところですが…。あくまで大事なのはルーターの性能であって、テレビ機能ではありません。


出典:http://gigazine.net/news/20140717-pocket-wi-fi-ym-2014/


総合評価 ★★☆☆☆
後述する通信制限のこともあり、現時点でのオススメは正直できません。よほどインターネットの利用頻度が少ないなら別ですが、制限が厳しすぎて純粋な端末自体の評価だけというのは難しいのが現状です。
肝心の端末に関しても、ここ数年大きな進歩は見られず、バッテリー時間の割に大きすぎなこともマイナス点。単純なモバイルルーターとして、小型化、大容量化を今後に期待したいところです。


-広告-




もはやワイモバイルは時代遅れ?厳しすぎる通信制限とその実態。


”イーモバイルはもはや時代遅れ”

そんな声をここ1〜2年よく聞くようになりました。元イーモバイルユーザーとしては悲しい限りです。

ワイモバイルのWiFiルーターはイーモバイルからのサービスの延長のようなものですので、イーモバイル時代(2014年7月まで)を踏まえて、現状のワイモバイルのWiFiサービスについて、特に通信制限について紹介したいと思います。


303HWに対してかかる制限は

@7GB/月を超えた場合は最大128kbpsに制限

A直近3日で1GBを超えた場合、当日6時〜翌6時までの24時間の通信制限

B24時間の通信利用量が366MB以上になった場合、当日21時〜翌2時の間制限


の3つになります。1日あたり200〜300MB程度の利用であれば問題はありませんが、それを超える場合は注意が必要です。

とはいえ、ほとんどの人がそれ以上の量を使うことが一般的です。

300MBというと、約2〜3時間のウェブ閲覧や、30分程度の動画閲覧で終わってしまう量です。
スマホのアプリ(ゲームなど)の場合、1本落とすだけで制限を超えてしまうこともあります。


特にスマホの場合、バックグラウンドでアプリの更新などを行っている場合も多々あり、気づいた時には制限がかかっていた・・・なんてことも日常茶飯事になります。

そもそも7GB/月や366MBというのは数年前の基準での制限であり、ウェブサイト自体ももちろん、動画や画像の画質も上がったことによりデータの通信料は年々平均して大きくなっています。


その結果が以下のような状況です。


ネット上にもさまざまな声がありますが、価格.comのGL10Pのレビューから一部を抜粋します。
出典:http://review.kakaku.com/review/K0000581255/#tab

>契約後、2日で速度低下、動画を見たら次の日は全く何もできません。確かに契約前、速度低下あるとか言ってはいたがここまで酷いとは思いませんでした。

>ほかの方が書いているとおり、仕事で使うのは無理。制限越えた後のフラストレーションは半端ない。日ごろ書き込みなんかしないしない人間に、書き込みさせるほどモチベーションを上げてくれる。

>Google検索でタイムアウトします。 Yahooなんてとんでもない。動画はまず見れない。
あまりにひどいのでこのレヴューを書くためだけにアカウントをとりました。

>ハッキリ言って駄目だコリャw 動画も観ていないのに、すぐに速度規制。

>EMOBILEさんには完全にだまされた気分です。 前作よりも速度が遅くなっているにも関わらず、
その説明は一切なし。

>サービスが残念すぎます。 これから変更される場合、今までと同じ使い方(無制限)ができると思わない方がいいです。

>制限かかると、ほぼネットに繋がらないと言っても過言ではありません。
スマホの制限の100倍くらい遅いです。LINEで送られてきた写真さえまともに受信しませんよ(笑)


なにも、これらのレビューは1人のものではなく、多数のユーザーからの書き込みのほんの一部を抜粋したに過ぎません。

3〜4年前、当時はイーモバイルくらいしか選択肢がありませんでした。しかしながら、現在の環境にそぐわないようなサービスを提供しつづけることで、このような声があがる結果となっています。


出典:価格.com

こちらは記事を執筆してる2014年7月23日時点の、イーモバイルGL10Pの価格.comでの評価です。

端末だけでなく、サービスを含めて平均1.88というあまりに低い評価です。

誇張してるわけでもなく、これが現実です。

イーモバイルがソフトバンクに買収され、周波数帯の相互利用を始めるようになってから、通信の不安定さが増し、都内であっても頻繁に途切れるなど、通常使用においても支障がでるようになっています。


実際のところ、WiMAXを契約する人が多い


仮に、現在イーモバイルの端末を使っていたとしても、2〜3年前と今の端末とではつながりやすさも異なります。また、契約プランにより、制限も全く異なります。*現在の方が制限自体は厳しい

実際のところ、契約予定の端末を使ったことがある、制限は全く問題ないというのであれば、そのまま契約しても大丈夫でしょう。しかし、大抵の人は失敗し、↑に挙げたようなレビューのような事態に陥っています。

現在、制限がないのはWiMAXくらいなもので、消去法でWiMAXが選ばれているのが実情です。
*ドコモXiやソフトバンクのULTRA WiFiも似たような制限があるため

当サイトでも、基本的にはWiMAXをオススメしています。



WiMAXの解説ページ → http://mobile-wi-fi.info/wimax2/


まとめ


・イーモバイルがワイモバイルへと移行しても、制限が厳しく、しっかりと理解した上での契約が必要
 
・店頭で販売員の言葉を鵜呑みにするのではなく、十分に調べること

・制限を気にしたくない場合はWiMAX一択なのが現状。



8/18 追記: Y!mobile正式スタート約3週間での口コミまとめ


まもなくワイモバイルに正式移行してから3週間が経過することもあり、現時点での口コミをまとめたいと思います。

8/1に発売した303HW こちらのページではメインにこの端末のレビューを扱っていますが、まず、こちらは8/18時点での価格.comのレビューです。

引用元:価格.com http://review.kakaku.com/review/K0000679239/#tab

口コミはまだ少ないですが、抜粋すると
 
 ・実家に帰省するため、車にカーナビ代わり12日に量販店でタブレットと同時購入しましたが正直騙されました。
  通信が常に不安定でナビが遅れて表示されナビになってませんし、ワンセグがルーターに搭載されてますが、
  テレビなんて見れたものではありません。
  いざ実家に帰るとエリアに入ってるはずが常に圏外になってただの荷物に成り果てました。


 ・以前使っていたもの(バッファロー製)よりも、不安定に感じました。
  特に動画はスムーズさを欠いています。不十分な説明で契約をさせられたり、強引な手法での販売方法も
  いまだにしているようです。


 ・店員の話では「普通の使い方していれば制限は問題ない」という話だけでした。
  契約書を読むときも「一応使い過ぎれば制限かかりますので注意してください」とだけ。

など、悪評が並んでいます。特に通信制限の部分はしっかりと案内されることが少ないようで、販売の現場でもクレームにつながる要因となっています。2〜3年ほど前は夜間の制限だけで、特に日中や月間での制限はなく、それなりに良かったのですが、このように選択肢がどんどんと減ってしまう現状は非常に嘆かわしい限りです。


そんな中、ワイモバイルで情報漏えい事件が発生しています。



引用元:ITmedia http://www.itmedia.co.jp/enterprise/articles/1408/15/news041.html

個人情報の入ったPCを紛失したとのことですが、こういったことが企業価値を下げることにつながってしまいます。


今後もレビューなどを追記していきたいと思います。