【現役販売員が徹底解説!】モバイルWiFiルーターと格安SIMの最新情報

WiMAXやY!mobileなどのモバイルWifiルーターや格安SIMの最新情報/キャンペーン情報を専門家が紹介!

WiMAX2+

あなたにおすすめの記事
今月のWiMAXキャンペーン比較

【家庭用では最強】WiMAXホームルーター L01とL01sの違いを徹底比較。キャンペーン情報なども

最終更新日:

ファーウェイより2018年1月に発売となったWiMAX2+/au4GLTE対応端末「L01s」の実機レビューです。実際に使用して分かったことや不満点などを詳細にまとめています。これから契約を考えている方は参考にしてください!

また、2017年1月発売の「L01」との違いもまとめています。

最近、実際に端末を触ってもいない状態でメーカーの公式サイトやTwitterなどから画像を転用し、あたかも専門家のように装うアフィリエイトサイトが乱立していますのでご注意ください。

この記事は、実際に端末を使用している現役のWiMAX販売員(大手家電量販店勤務)のライター2名が執筆を担当しています。

今月のキャンペーン情報

WiMAX端末を取り扱う販売店を可能な限り網羅しています。キャッシュバックや初回の事務手数料、端末料金などを加味し、最低契約期間で契約した場合に支払う実質的な月額料金で比較しています。申し込みを考えている方は参考にしてください。

こちらのページも参考にしてください。

 

端末概要

スペック情報(L01/L01sの違い)

通信規格 WiMAX2+
au 4G LTE
バッテリー
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac 同時接続 40台
タイプ ホームルーター SIM nano-SIM
(L01はmicro)
サイズ 93x180x93 mm 重量 450g
(L01は493g)

2017年1月に前機種であるL01が発売され、突如2018年1月にマイナーアップデートバージョンとなるL01sが発売されました。サイズも同じで、見た目もほぼ変わりませんが、主な違いは以下のとおりです。

SIMがmicro→nanoに変更
現在WiMAX端末でnano-SIMに対応しているのは、L01sの他にはNECのWX04、ファーウェイのW05のみとなります。今後nano-SIM端末が増えていくものと思われますが、WiMAX端末の場合、SIMカードだけを差し替えて端末を切り替えることができるため、もし端末の切り替えを考えている場合は注意が必要です。

43gの軽量化
サイズは同じですが、約43g軽量化しています。基本的に持ち運びする端末ではなく、コンセントに挿したらそのままにしておくことが多いものなので、実のところあまり影響はありません。

基本的には以上です。背面カバーの色が白→グレーに変更になったなどはありますが、SIMカードのサイズ以外には特に気にしなくて問題はありません。

実機レビュー

気になる速度は?

速度に関しては、回線の混雑具合や基地局との距離、時間帯等により大きく差がでますので参考程度にしてください。

実測値として、電波状況にも寄りますが概ね下り5-100Mbpsの範囲で、平均20~50Mbps程度の速度が出ます。固定回線並みに十分速い速度であり、普通に使用する分には支障ありません。

ホームタイプのルーターであるため、持ち運び用のモバイルルーターと比べても電波の拾いもよく、WiFiの出力も高いため、戸建てや複数の部屋で使用する場合にも最適です。

Ping(応答時間)も環境に大きく左右されますが、20-100ms程度の範囲になります。FPSや格闘ゲームなどラグが出ると困る環境だとさすがに固定回線に分がありますが、そこは割り切るしかありません。

なお、モンハンワールド(PS4)程度は問題ありません。

都内での測定例 (2018年2月 午後2時頃)

同じ時間帯でも速度にはバラつきが大きいのであくまで参考程度にしてください。

受信感度

旧端末であるW01、WX02と比べても受信感度や実測は上がっていますが、前機種であるW04とはあまり大差はありませんでした。W04とW05で同時に計測したところ、速度差は概ね誤差範囲でした。

W04がかなり完成された端末だったため、W05はマイナーチェンジ版と捕らえても問題なさそうです。

通信制限の掛かった場合の速度目安

通信制限が掛かった場合、概ね下り/上りともに1Mbps程度の通信速度となります。制限の掛かっていない時の速度と比べると、数字だけ見ればかなり遅く感じるかもしれませんが、動画再生程度であれば基本的に問題はありません

大きなファイルのダウンロードなどはさすがに厳しくはなりますが、普通にウェブサイトの閲覧、動画の視聴、スマホアプリのゲームなど支障はほとんどありません。なお、制限時の速度に関しては端末ごとに大きな差はありません。

制限時の通信速度の実測例。なお、制限が掛かるのは直近3日で10GB以上使用した場合に、翌日の18時~2時頃となります。

試しに制限が掛かった状態でiPhoneにW05を接続してYouTubeの動画を再生してみました。動画視聴くらいであればさほど問題にはなりません。(なお、制限が掛かったとしても2時~18時の間は速度制限は実施されません)

外観(大きさ/重さ/デザインなど)

W05はホワイト×シルバー、ブラック×ライムの2色展開となっています。配色のバランスは異なりますが、色使いはほぼW04と同じです。W04と比べればライムの方は黒の比率が大きく、洗練された印象です。

2018年2月時点で、家電量販店での販売数はホワイトとライムであまり差はありません。W04もそうでしたが、老若男女(とはいっても20-40代の男女が中心)問わず、どちらの色も人気があります。

大きさは特別大きいというわけではありませんが、一回り小さいスマホがもう1台あるような感覚ではあるため、ポケットにスマホと一緒に入れて持ち運ぶという方にとっては少し嵩張るかもしれません。

全体的に評判が高い端末ではありますが、不満点がでるとしたらこの部分かと思われます。MobileSlimなど、過去に発売された極端に薄くて小さい端末をご存知の方は特にそう思われるかもしれないですね。

とはいえ縦に長い端末であるため、横は比較的短く、サイズとしては平均的なルーターになっています。

設定のしやすさ

無線LANで接続する場合は、通常のWiFiと同様にSSID(端末から出ている電波の名前)を拾ってパスワードを入力するだけで繋がり、有線の場合も付属のUSBケーブルで接続するだけでインターネットに繋がります。

またWPSにも対応しているため、対応端末であればボタンを押すだけで接続が可能です。なお、細かい改良点ですが、タッチパネルの反応がW04と比べると改善されています。

クレードル

これまでWiMAXを契約したことの無い方には、ご存じない方も多いようですが、WiMAXルーターは専用クレードルが発売されており、充電台としての使用だけでなく、LANケーブルを使用してPCやゲーム機との接続も可能です。どうしても有線接続が必要な方はクレードルの購入も検討してはいかがでしょうか。

一部、クレードル付きで契約ができる販売店(MVNO)もありますが、基本的には別売りとなっています。UQのオンラインショップでも売切れていることが多いですが、家電量販店でなら比較的在庫も用意してあるため購入がしやすいです。また、在庫があればauショップでの購入も可能です。

ただし小型店舗だと在庫切れの場合もあるので、ヨドバシカメラのオンラインショップなどでの購入がオススメです。

価格は3,290円(税別)となっています。

総評

2017年2月に発売されたW04の後継機として、約1年ぶりに発売された新端末です。不具合の多いNEC製のWX04とは異なり、安定した通信速度と、歴代端末の中でも優秀な受信感度で知られるW04の後継機だけあって、W05は動作も良好です。

現在、WiMAXを新たに契約、あるいは機種変更を考えている場合はW05は有力な候補になります。キャッシュバック金額が大きくなる旧端末を選ぶ場合は同じファーウェイ製のW04を選択しましょう(*NECのWX04は不具合/バグが多い)

私自身、無印WiMAX時代からUroadやAtermシリーズを何台も乗り換えてきました。どの端末もパスワードを入力して接続、あるいはUSBやクレードルを使用しての有線接続ですぐに使用できるものなので、使い勝手に大きな差というのは正直ありませんが、W01やWX02と比べても、受信能力は確実に向上しており、少し端末の大きさが気になる点を除けば、大きな不満もなく、使用にはまったく支障ありません。

4G LTEの回線も使えるので、都内であっても電波の入りづらい場所でも安心できるというのは大きなメリットです。(以前と比べれば、屋内でもWiMAXは十分電波が入るようになっています)

おまけ:2018年2月時点での家電量販店での販売状況
新機種ということもあり、販売の比率はW05が一番大きくなっています。キャンペーンの優遇されているW04も在庫が無くなると、順次販売を終了していきます。(家電量販店の場合はキャッシュバックではなく、同時にPCやタブレットを購入した場合に商品代金を5000-10000円程度値引きすることが多いです)

端末だけを購入する(SIMカードの挿し替え)

すでに契約している人は端末だけ切り替えも可能

WiMAXの端末は原則白ロムとなっており、SIMカードを差し替えるだけで切り替えが可能です。L01sやL01も例外ではなく、すでに契約済みのSIMカードがあれば問題なく通信が可能です。

既に述べていますが、L01sはnano-SIM、L01はmicro-SIMとなりますので、SIMカードのサイズだけ注意してください。(nano-SIMは現在W05、WX04のみ)

もし端末が故障したり、古い端末から切り替えたいという場合、再契約をしなくても端末だけ購入すれば機種変更が可能になっています。端末は家電量販店で購入することもできますが、ヤフオクなどで中古端末を購入した方が非常に安く機種変更/交換が可能です。

一時期iPhone2台+L01s契約でiPhone一括0円などキャンペーンをやっていた携帯電話の販売店があったようで、不要なL01sが多く出品されていました。その影響もあって、ほぼ新品未使用の状態の端末が、ヤフオクやメルカリで5000円程度で購入することができる状況です。

もし、端末だけを購入したい場合はネットオークションで購入するのがいいでしょう。

なお、WiMAXに”機種変更”はありません。

WiMAXのプランに機種変更はなく、端末を切り替えたい場合は1度解約→新しく契約し直すという方法が必要になります。

WiMAX2+の場合、最低2年間、あるいはプランによっては3年間の最低利用期間が存在するため、この期間に解約した場合に違約金が発生するので注意が必要です。

口コミまとめ

契約や購入の参考にもなるため、価格.comやTwitter、2ch (5ch)などの評判もまとめています。

通信速度/受信感度

L01だけどモンハンワールドできてるしラグもまったくないよただ格ゲーとかFPSは無理げーだからあきらめよう
あとダウンロード販売のも容量軽いやつしか無理
アップデートにも容量気を付けようね
自分も規制されてもさほど不便は感じないな。
きっちり1MB程度出るので動画は標準画質で見れるし、光解約して正解だったわ。
ほぼ毎日規制されてるハードユーザーだけど
やりたいことはやれてるから別に問題ない
2台も3台も契約する金があるなら固定回線引くわ
俺は速度制限かかっても多少画質落ちるがつべもアマプラも見れるから問題ないかな
L01をベランダに設置したウオルボックスに設置。
tp-linkのRE650で中継器経由で何とか90M出るようにした。
W04用にNECの中継器も今日買ってきた。
やっぱりベランダだと速度速いわ。
アンテナ1本しか立ってないのに42M出る…
前もアンテナ4本立ってたのに気づいたら1本になってたけど速度変わらず
もしかしてアンテナ表示バグってるのかな
100M超えとかすごすぎる
こっちは窓際でアンテナ4本立ってるけど64Mが最高速度だった
未だにwimaxのモバイルルーターだったけど先日L01に変更
最高でもping90、4Mbpsだったのが現在の時点でping30の20Mbpsオーバー
規制は怖いが速くて嬉しい
前にルータータイプ使ってたけど今使ってるL01のほうが断然通信が安定してるやっぱりアンテナのパワーが違うな

-WiMAX2+

関連記事

【注意喚起】WiMAX契約のデメリットおよび契約上のトラブルとその対処法について

WiMAXをこれから契約しようと考えていても、どのようなデメリットがあるのかをご存じない方も多いと思います。また、以前にWiMAXを使用していたことがあっても、現在の契約プランや、各販売店(プロバイダ …

【実機レビュー】WiMAX2+ルーター「W05」を実際に使用したら想像以上に・・・

ファーウェイより2018年1月に発売となったWiMAX2+/au4GLTE対応端末「W05」の実機レビューです。実際に使用して分かったことや不満点などを詳細にまとめています。これから契約を考えている方 …

WiMAXルーター契約のよくある質問に専門家がお答えします

WiMAXを契約を考えている方からよくある質問とその答えをまとめています。キャンセルはできる?口座引き落としは?実際の速度は?など気になる疑問はこちらで解決できます! こちらの記事は、現役のWiMAX …

騙されるな!NEC製WiMAXルーター「WX05」をお勧めしない全ての理由

NEC製WiMAX2+モバイルルーター「WX05」の購入を検討している方も多いと思います。ただし、WX05端末は正直おすすめできません。 結論から言ってしまえば、ファーウェイ製の「W05」がお勧めとい …

【2018年8月】WiMAX2+の最安値プラン情報|端末一覧/キャンペーン比較/キャッシュバック情報などの最新情報

このページでは、WiMAX2+のプロバイダー(MVNO)ごとの実質月額料金の比較から、通信制限、端末一覧、よくある質問までWiMAXに関する情報を網羅しています! このページで掲載している実質月額とは …

WiMAXやY!mobileなどのモバイルWiFiルーターや、最近話題の格安SIMについて、最新情報やキャンペーン情報などを解説、紹介する総合サイトです。

 

某大手通信会社社員や、家電量販店での販売員、家電ライターなど、通信系の専門家および業界関係者が執筆を行っています。モバイルWiFiルーター、格安SIM選びの参考にしてください!


現在の閲覧者数: