【現役販売員が徹底解説!】モバイルWiFiルーターと格安SIMの最新情報

WiMAXやY!mobileなどのモバイルWifiルーターや格安SIMの最新情報/キャンペーン情報を専門家が紹介!

WiMAX2+

あなたにおすすめの記事
今月のWiMAXキャンペーン比較

【実機レビュー】WiMAX2+ルーター「W04」を実際に使用したら結構満足のいく端末だった

最終更新日:

あなたにおすすめの記事
今月のWiMAXキャンペーン比較

ファーウェイより2017年2月に発売となったWiMAX2+/au4GLTE対応端末「W04」の実機レビューです。実際に3ヶ月使って分かったことや不満点などを詳細にまとめています。

これから契約を考えている方は参考にしてください!最近、実際に端末を触ってもいない状態でメーカーの公式サイトやTwitterなどから画像を転用し、あたかも専門家のように装うアフィリエイトサイトが乱立していますのでご注意ください。

この記事は、実際に端末を使用している現役のWiMAX販売員(大手家電量販店勤務)のライターが執筆を担当しています。

今月のキャンペーン情報

WiMAX端末を取り扱う販売店を可能な限り網羅しています。キャッシュバックや初回の事務手数料、端末料金などを加味し、最低契約期間で契約した場合に支払う実質的な月額料金で比較しています。申し込みを考えている方は参考にしてください。

こちらのページも参考にしてください。

 

端末概要

スペック情報

通信規格 WiMAX2+
au 4G LTE
バッテリー 約260分~630分
無線LAN規格 IEEE802.11a/b/g/n/ac 同時接続 10台
タイプ モバイルルーター SIM micro-SIM
サイズ 53x130x14.2 mm 重量 140g

近年のWiMAXルーターの中では大きな可もなく不可もなく・・・といったバランス取れた端末ですね。詳しくは後述しますが、若干サイズが大きいかなといった点は気になりますが、受信感度や通信速度については申し分なく、モバイルルーターとして十分な性能を発揮してくれる端末です。

現在新機種としてW05も発売になっていますが、キャッシュバックが増額している分、W04を契約したとしても問題はありません。

WiMAX2+だけでなくauの4G LTEも利用できるため、もしWiMAXの電波が入りづらい場合にも切り替えができるということで安心感があります。

実機レビュー

気になる速度は?

速度に関しては、回線の混雑具合や基地局との距離、時間帯等により大きく差がでますので参考程度にしてください。

実測値として、概ね下り2-50Mbps(平均20Mbps程度/最高で150Mbps超えも確認)、上り2-30Mbps(平均5Mbps程度)の速度が出ています。モバイル回線としては十分すぎる速度であり、固定回線としても問題ないレベルです。

Ping(応答時間)は環境次第ですが25-150ms程度の結果となりました。FPSや格闘ゲームなどラグが出ると困る環境だとさすがに固定回線に分がありますが、そこはモバイルルーターということなので仕方ありません。

東京都千代田区(秋葉原駅周辺 2018年1月 午後3時頃)

東京都新宿区(新宿駅周辺 2018年1月 午後5時頃)
こちらは平日の実測サンプルです。同じ時間帯でも速度にはバラつきが大きいのであくまで参考程度にしてください。

受信感度

旧端末であるW01、WX02と比べても受信感度は上がっていました。同時に計測したところ、通信速度も下りで1~3割程度の上昇が認められました。着実な進化が見られますので、古い端末を使用している方は乗り換えを検討してもいいでしょう。

まだ契約期間が残っている場合は、端末だけをインターネットオークションなどで購入し、SIMカードを挿し替えて使用する方法でも変更が可能です(SIMのサイズが同じである必要があります)

通信制限の掛かった場合の速度目安

通信制限が掛かった場合、概ね下り/上りともに1Mbps程度の通信速度となります。制限の掛かっていない時の速度と比べると、数字だけ見ればかなり遅く感じるかもしれませんが、動画再生程度であれば基本的に問題はありません

大きなファイルのダウンロードなどはさすがに厳しくはなりますが、普通にウェブサイトの閲覧、動画の視聴、スマホアプリのゲームなど支障はほとんどありません。なお、制限時の速度に関しては端末ごとに大きな差はありません。

制限時の通信速度の実測例。なお、制限が掛かるのは直近3日で10GB以上使用した場合に、翌日の18時~2時頃となります。

試しに制限が掛かった状態でiPhoneにW04を接続してYouTubeの動画を再生してみました。動画視聴くらいであればさほど問題にはなりません。(なお、制限が掛かったとしても2時~18時の間は速度制限は実施されません)

外観(大きさ/重さ/デザインなど)

W04はホワイトとグリーンの2色が発売されています。WiMAXのモバイルルーターでは定番の白や黒、グレーの他、ピンクや青といった端末は多かったですが、グリーンは珍しい色となっています。

家電量販店での販売数は白とグリーンはほぼ同数となっています。現場では白の方が売れるのでは?という予想もしていましたが、男女問わずグリーンも人気で良く売れています。

大きさは特別大きいというわけではありませんが、一回り小さいスマホがもう1台あるような感覚ではあるため、ポケットにスマホと一緒に入れて持ち運ぶという方にとっては少し嵩張るかもしれません。

全体的に評判が高い端末ではありますが、不満点がでるとしたらこの部分かと思われます。MobileSlimなど、過去に発売された極端に薄くて小さい端末をご存知の方は特にそう思われるかもしれないですね。

とはいえ縦に長い端末であるため、横は比較的短く、サイズとしては平均的なルーターになっています。

設定のしやすさ

無線LANで接続する場合は、通常のWiFiと同様にSSID(端末から出ている電波の名前)を拾ってパスワードを入力するだけで繋がり、有線の場合も付属のUSBケーブルで接続するだけでインターネットに繋がります。

またWPSにも対応しているため、対応端末であればボタンを押すだけで接続が可能です。

クレードル

これまでWiMAXを契約したことの無い方には、ご存じない方も多いようですが、WiMAXルーターは専用クレードルが発売されており、充電台としての使用だけでなく、LANケーブルを使用してPCやゲーム機との接続も可能です。どうしても有線接続が必要な方はクレードルの購入も検討してはいかがでしょうか。

一部、クレードル付きで契約ができる販売店もありますが、基本的には別売りとなっています。UQのオンラインショップでも売切れていることが多いですが、家電量販店でなら比較的在庫も用意してあるため購入がしやすいです。また、在庫があればauショップでの購入も可能です。

ただし小型店舗だと在庫切れの場合もあるので、ヨドバシカメラのオンラインショップなどでの購入がオススメです。

価格は3,400円(10%ポイント還元)となっています。

ファームウェアの改善

発売当初は、端末のソフトウェア(ファームウェア)に多少問題があり、通信の不具合などが見受けられましたが、2017年5月頃のアップデートにより、現在は全体的に安定しています。

総評

私自身、無印WiMAX時代からUroadやAtermシリーズを何台も乗り換えてきました。どの端末もパスワードを入力して接続、あるいはUSBやクレードルを使用しての有線接続ですぐに使用できるものなので、使い勝手に大きな差というのは正直ありませんが、W01やWX02と比べても、受信能力は確実に向上しており、少し端末の大きさが気になる点を除けば、大きな不満もなく、使用にはまったく支障ありません。

4G LTEの回線も使えるので、都内であっても電波の入りづらい場所でも安心できるというのは大きなメリットです。(以前と比べれば、屋内でもWiMAXは十分電波が入るようになっています)

W05も発売になったタイミングですが、新機種と比べ、旧端末ということでキャッシュバック金額も大きくなっているため、あえてこちらを選んでも正解と言えるかと思います。

おまけ:2018年2月時点での家電量販店での販売状況
新機種ということもあり、契約数自体はW05が増えてきていますが、店頭での割引がW05と比べて多少大きくなっていることもあり、今現在も売れています。今後は在庫が無くなり次第販売も終了に向かっていくと思われます。(家電量販店の場合はキャッシュバックではなく、同時にPCやタブレットを購入した場合に商品代金を5000-10000円程度値引き)

端末の機種変更方法

すでに契約している人は端末だけ切り替えも可能

WiMAXの端末は原則白ロムとなっており、SIMカードを差し替えるだけで切り替えが可能です。もし端末が故障したり、古い端末から切り替えたいという場合、再契約をしなくても端末だけ購入すれば機種変更が可能になっています。

端末は家電量販店で購入することもできますが、ヤフオクなどで中古端末を購入した方が非常に安く機種変更/交換が可能です。現在は新しい端末が発売されたこともあり、中古価格も3000円ほどと入手しやすくなっています。バッテリーのことを考えて2台持ちにし、SIMを差し替えて使用しているユーザーさんもいるようです。

現在の落札相場・・・3000~5000円ほど
(2018年2月時点)

家電量販店で購入する場合は、WiMAXの販売員に契約なしで端末だけ購入したい旨を伝えましょう。この場合、特に値引き等はなく、端末の本体金額で購入することができます。(端末が1円だったり0円で購入できるのは、あくまで契約した場合のみ)

WiMAXに”機種変更”はありません。

WiMAXのプランに機種変更はなく、端末を切り替えたい場合は1度解約→新しく契約し直すという方法が必要になります。

WiMAX2+の場合、最低2年間、あるいはプランによっては3年間の最低利用期間が存在するため、この期間に解約した場合に違約金が発生します。

口コミまとめ

契約や購入の参考にもなるため、価格.comやTwitter、2ch (5ch)などの評判もまとめています。

通信速度/受信感度

>UQモバイル最近は100Mbps以上出ることあるのかな… バッテリーセーブモードで今のところは様子見続けてみます

>いつもの最速設定でハイスピードモードのみ(補足)100Mbps以上出ることもありますが、ある程度条件が整わないと難しいです

歴代機種では最高性能ではないでしょうか
新機種のW05と比較しましたが、ほぼ差はありません
スピードもとても速いです。
格安シムと比べても
速さが違います。
抜群です。少なくともWX04よりは優れています。
自宅内、WX02は20Mbps程、W04は55Mbps→78Mbpsです。
屋外時、WX02は98Mbps程、W04は160Mbps→210Mbps程です。屋外は基地局が直接見える場所での速度です。
どこで測っても速度が微増していました。基地局の混雑している時もあるようで、グラフが不安定で、3-4割程低下する時もあります。

他端末との比較

W01を使っていましたので、項目が増えたとは言え設定に戸惑うことはありません
知人がW05契約したので、色々比較したけどW04と性能変わらないね
W06までW04で戦えそう
WX02より良いです。持ち運んでいてもよく電波をよく掴んでくれます。

デザイン/サイズ感

これもデザインと同じで、発売当初は大きいなと思いましたがW05が発売になった今、大きいイメージはありません
デザインや色は良いです。
気に入りました。
黄緑色で輝いていて綺麗です。
デザインはこの手の商品としては奇抜だと思いますが有りだと思います。
縦長にしたからか、厚さも重さもとくには気になりません。

-WiMAX2+

関連記事

【注意喚起】BIC WiMAX(ビックカメラ/ソフマップ/コジマ)で契約はしてはいけない?【まとめてプランやオプションにも注意】

これからWiMAXの契約を考えている方は、まずビックカメラやコジマといった家電量販店での契約を考えるかもしれません。しかし、量販店での契約は数万円単位で損をすることになってしまうため、ここでは具体的な …

【これだけ見ておけばOK】WiMAXが繋がらない時の対処法まとめ

WiMAXをせっかく契約しても、実際に通信ができない場合も少なからず存在します。また、これまでは問題なかったのにも関わらず、いきなり通信ができなここでは状況別にWiMAXが繋がらない時の対処法をまとめ …

騙されるな!NEC製WiMAXルーター「WX05」をお勧めしない全ての理由

NEC製WiMAX2+モバイルルーター「WX05」の購入を検討している方も多いと思います。ただし、WX05端末は正直おすすめできません。 結論から言ってしまえば、ファーウェイ製の「W05」がお勧めとい …

【2018年8月】WiMAX2+の最安値プラン情報|端末一覧/キャンペーン比較/キャッシュバック情報などの最新情報

このページでは、WiMAX2+のプロバイダー(MVNO)ごとの実質月額料金の比較から、通信制限、端末一覧、よくある質問までWiMAXに関する情報を網羅しています! このページで掲載している実質月額とは …

【家庭用では最強】WiMAXホームルーター L01とL01sの違いを徹底比較。キャンペーン情報なども

ファーウェイより2018年1月に発売となったWiMAX2+/au4GLTE対応端末「L01s」の実機レビューです。実際に使用して分かったことや不満点などを詳細にまとめています。これから契約を考えている …

WiMAXやY!mobileなどのモバイルWiFiルーターや、最近話題の格安SIMについて、最新情報やキャンペーン情報などを解説、紹介する総合サイトです。

 

某大手通信会社社員や、家電量販店での販売員、家電ライターなど、通信系の専門家および業界関係者が執筆を行っています。モバイルWiFiルーター、格安SIM選びの参考にしてください!


現在の閲覧者数: